• 世界の子どもたちは
    どのように
    育ってるのでしょう。

  • 世界には
    どのようなお産の
    イベントがあるのでしょう。

今日のひとこと

~ 幼児虐待 ~

今まで私はフルタイムのソーシャルワーカーとして、障がい者をサポートしてきた。今回、仕事を変え、今度は幼児虐待と家庭内暴力を専門とするソーシャルワーカーへと転じた。障がい者、特に知的障がい者への虐待においては心が痛むケースをたくさん見てきた。しかし、幼児虐待においては、さらに心痛むケースに出会っている。特に幼児に対しての性的虐待において、あまり多くの人はその影響について考えが浅いように思う。虐待を受けている子どもたちはなんとか現実逃避を試みる。特に加害者にいたずらをされている時、彼らは楽しいことを考えるようにしているという。その楽しいことというのが、「坂道を歩くこと」「雪を踏む音」「雨の音」「いちごの香り」「水をコップに入れたときの音」という、彼らの狭い狭い世界での小さなささいなできごとなのだ。彼らはそれらの小さな楽しかったことを思い出しながらいたずらに耐えている。なんとも不憫でならない。けれどもこれらの小さなことがどれだけ彼らをその場の痛みから救っているのかと思うと、自分の楽しいこととは比較にならないことに自分自身反省したのだ。なんと多くのことに恵まれているか、そしてこれら小さなことに喜びを体験することにいかに欠けているか。彼らは私たちに教えてくれているのだ。どんな小さなことにも喜びを感じようと思えば幸せや喜びは身近なところにいくらでもあるということを。

もっと読む

世界のお産

赤ちゃんの誕生は万国共通と思えるかもしれません。
どの国でも赤ちゃんの誕生を喜び祝い、健やかな成長を望みます。
しかし、その国にまつわる妊娠中の過ごし方、
お産の考え方、産後の過ごし方、誕生の祝い方はさまざまです。

詳しくは

サービス

コンサルティング

ここでは、ノーラ・コーリが海外出産・育児コンサルタントとして皆さんのご相談にのります。メール相談が主体ですが、電話(アメリカ在住の方)、対面もあります。施設訪問はニューヨーク近郊に限ります。

カウンセリング

異文化のはざまで生じるさまざまな悩みや問題はその体験をしたものでしかわからないものがあります。カウンセラーのノーラ・コーリは人生の半分を日本、残りを海外で過ごしました。自身の体験を通してのアドバイスもさることながら、カウンセラーとして30年以上のベテランです。ごいっしょに考えていきましょう。



世界の子育て

世界の子育てを集めて100ヶ国以上!
それぞれの国でどのような特徴があるのでしょう。
あやし方、初めての離乳食、しつけの仕方、誕生日の祝い方など

詳しくは