出産場所は?

日本人はクリニックのドクターにかかることが多く、そこでは問診が中心となり、超音波などの検査は他の機関に出向くことが一般的です。お産はドクターが提携し ている総合病院などで行なわれます。そこの病院の分娩室などを利用し、入院中はケアを受け、回復を待って退院します。担当のドクターは患者が入院している病院に通うという形になります。

定期検診は日本とどう違うの?

検診内容は体重測定、血圧測定、尿検査、妊娠期間中1~2回の血液検査と簡単なのが特徴です。日本では子宮底や腹囲を測りますが、海外のドクターはほとんど測りません。検査は保険がカバーしないものもあるため、異常が疑われる場合しかしないように心がけています。乳房のチェックはほとんどの国ではありません。ましてや乳首を強めることは行われていません。内診は必要でなければ行なわない方針のドクターがほとんどで、予定日が近づくと行われます。

海外でのお産の特徴は?

日本人の多くが夫立会い分娩を望んでいます。国によっては友人、親戚、母親、兄弟、も立ち会える病院があります。先進国では陣痛中でもなるべく動きまわることを勧めています。陣痛が苦しい時期に温かいお湯につかることを勧めることもあります。海外では先進国、途上国を問わず痛みは取り除くものという考えが主流です。そのため笑気ガスから始まり、痛みも頂点に達する前に部分麻酔で痛みをやわらげる傾向があります。麻酔を担当するのは麻酔専門医です。夫がへその緒を切るのも先進国ではよくみられます。

入院中の生活は?

自然分娩であれば、シャワーは産後比較的すぐに浴びれます。さらに歩くことも勧められます。食事はメニューから選択するところが一般的です。多民族国家ではユダヤ人用メニュー、菜食メニュー、イスラム教徒のためのメニューが用意されています。また入院中に赤ちゃんの最初の予防接種が行われるのも特徴です。入院期間が短いのも特徴で、早ければ産後数時間、長くてもせいぜい5日ほどです。

出生届を忘れずに!

まず出産した国での出生登録を行いま す。次に日本に出生届を出します。出生届を出すことによって戸籍に登録され、子どもは日本国籍を得、さらに滞在国におけるビザを得、出国に必要なパスポートが作られます。日本への届け出は海外では3ヶ月以内ですので、日本の14日と比べると多少の余裕があります。

それぞれの国のくわしいお産情報は海外出産シリーズの「(国名)で赤ちゃん:すてきな思い出づくりにむかって」の情報冊子にまとめられていますので、是非、ご注文ください。